外国籍の絡んだ相続問題について

相続にはトラブルが付き物です。相続人の中に外国籍の人がいた場合、それが日本の法律によって相続が決められるべきなのか、それとも外国の法律によって決められるべきなのか問題になることもあります。相続権が認められなくなると割り振られる相続額にも違いが出てきてしまうために相続権の事は細かく設定されている必要があるのです。

日本の法律では相続人が外国籍であっても相続人として認められて通常通りに相続されるようになっています。これは相続統一主義の考え方から来ていて、外国籍でも日本の法律に倣って決められるということです。外国籍だから相続権は無いとか、割り振られる相続が減るといった事はありません。

外国籍の相続では手続きの面倒さという物があります。これは日本の法律に倣っていようが関係ありません。相続されるまでにはそれだけの時間がかかるということになります。

外国籍の人が亡くなったときの相続に関する問題はより複雑になっていきます。国によって日本の法律が適用されるかされないかの判断が必要になり、もしも適用されないとしたら外国法に倣って決まることになり、専門家の介入が必要になります。相続されるまではかなりの時間がかかってしまうということを覚悟しておきましょう。

This entry was posted in 法律関連. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>